AGAになる原因はDHTである。男性ホルモンが頭皮に存在するリダクターゼという酸素と結びつきDHTになり男性ホルモンに変化し、AGAになるということである。治療薬を使ってAGA治療をすれば髪がまた生えてきます。

AGAを効果的に治療する方法

AGAを効果的に治療する方法として有効なのがAGAを進行させている原因をなくすことです。
AGAを進行させている原因として最も多いのが、食生活を含める生活習慣にあります。
生活習慣を改善することによってAGAを効果的に治療するのと共に予防にも繋がります。
AGAで悩んでいる方の中で、日常的に煙草を吸う習慣がある人が80%以上を占めています。
効果的に治療をする方法として煙草は控えるのが良いです。
煙草に含まれている毒素は、血管を細くし血行を悪くさせてしまいます。
血行が悪くなると体の表面に近い頭皮への血流が無くなってしまいます。
血流が無くなると、毛髪に栄養が行かなくなります。
栄養が来ない毛髪は弱ってしまい抜け落ちやすくなります。
栄養が届かないことによって発毛もできず、AGAが加速してしまいます。
血行を良好な状態で保つ事が効果的な治療方法と予防に大切です。
環境ストレスは自律神経を乱しホルモンのバランスを崩してしまうだけでなく、たまってしまうと育毛と発毛に必要な亜鉛を消耗してしまいます。
髪の毛の主成分はタンパク質で構成されていて、必要なたんぱく質を消耗します。
ストレス発散効果と、自律神経を安定できるように疲労回復効果と、育毛と発毛に大切なホルモンを分泌する効果を持ったいるのが睡眠です。
睡眠は眠る時間が大切で、毛髪の成長を促進させるホルモンが分泌される夜間11時から2時までの睡眠時間が重要です。
日々の生活習慣として、夜は10時頃には眠れる状態になっているのが望ましいです。
食生活では栄養のバランスを考慮し、亜鉛を多く含んでいる大豆食品やアーモンド類を取り入れる事で体内環境からAGAを治療できます。