AGAになる原因はDHTである。男性ホルモンが頭皮に存在するリダクターゼという酸素と結びつきDHTになり男性ホルモンに変化し、AGAになるということである。治療薬を使ってAGA治療をすれば髪がまた生えてきます。

AGAを予防するための方法

AGAを予防するための方法としては、AGAの原因となる生活習慣を取り除くことが重要です。
AGAで悩みを持っている人の80%以上はタバコを吸う習慣があります。
タバコには数千種類の毒成分が含まれていて、毒成分を吸引することにより、肺から吸収され血液に流れ込みます。
毒成分が血液に流れ込むと血管が細くなってしまい血液の流れが悪くなります。
血行が悪くなると頭皮への細い血管に適切な量の血液を送れなくなり、細い血管の先にある毛根に栄養を届けられない体内環境になります。
栄養が断たれてしまった毛根は衰弱を始め抜けやすい弱い毛髪になるほか、発毛に必要な栄養素も届かないため新しい毛髪が発生できなくなってしまいます。
AGAを予防する方法としてタバコを控える必要があります。
食生活でも同じことが言え、高コレステロールの食事を中心としていると、血中コレステロールが高くなり血液がドロドロの状態になってしまいます。
ドロドロの血液も血管を通りにくくなってしまい、発毛や育毛を妨げてしまいます。
睡眠時間もAGAを予防する方法としては大切で、育毛や発毛を促進するためには成長ホルモンが欠かせません。
成長ホルモンは眠っている間にしか分泌されず、その時間も23時から2時の時間帯が重要です。
夜は22時頃に眠れる状態にし、早目に眠るように心がける事が大切です。
睡眠にはAGAを進行させる原因になるストレスの発散効果も持っていて、しっかりとした睡眠時間を取ることによって疲労回復効果もあり、体内のホルモンバランスを適切な状態に保つことができます。
AGAの予防や、治療を効果的に発揮させるためには食生活や生活習慣を見直すことがとても大切です。