AGAになる原因はDHTである。男性ホルモンが頭皮に存在するリダクターゼという酸素と結びつきDHTになり男性ホルモンに変化し、AGAになるということである。治療薬を使ってAGA治療をすれば髪がまた生えてきます。

AGAの原因とDHTと言う男性ホルモンについて

AGAは男性型脱毛症と呼ばれる薄毛です。

AGAの原因は遺伝子に在ると言いますが、遺伝子の乱れにより男性ホルモンの一種となるテストステロンが体内に存在する5α-還元酵素と結びつくと、DHTと呼ばれる男性ホルモンに変換されるのが原因とされており、AGAの治療と言うのは5α-還元酵素を阻害する医薬品でもあるプロペシアを利用して行うのが特徴です。

因みに、男性ホルモンは女性の体内にも存在しており、5α-還元酵素と結びつくことでDHTに変換されてしまい、これによる薄毛の症状を引き起こすと言います。
しかし、女性の場合は女性ホルモンの分泌量が多いため、男性のように全ての毛が抜ける事は無いと言います。

しかしながら、早めに治療を行う事で育毛の効果を期待する事が出来ると言われているのです。

尚、5α-還元酵素と結びついて変換されたDHTと言う男性ホルモンは、ヘアサイクルを乱す性質を持つのが特徴です。
成長期に入った毛髪に対し、休止期や退行期に入るような信号を送り出すと言います。

成長期の期間と言うのは正常の人の場合は3年から6年と言われており、成長期を終えると休止期に入り、次に退行期を迎えて最後は毛が抜け落ちると言うメカニズムになります。
しかし、DHTの作用によりAGAの症状を持つ人の場合の成長期と言うのは3ヶ月ほどと言う短い期間になります。

本来太く長く伸びるはずの毛が直ぐに休止期や退行期に入るため、抜け毛が多くなり薄毛の症状を引き起こすのです。

尚、5α-還元酵素を阻害する事でテストステロンは5α-還元酵素と結びつく事が無くなり、抜け毛の原因となるDHTと言う男性ホルモンに変換されなくなるため、ヘアサイクルを正しくすることが出来、その結果、育毛効果に繋がると言われているのです。