AGAになる原因はDHTである。男性ホルモンが頭皮に存在するリダクターゼという酸素と結びつきDHTになり男性ホルモンに変化し、AGAになるということである。治療薬を使ってAGA治療をすれば髪がまた生えてきます。

AGAとDHTの関係性について

最近は薄毛の治療を病院で行うことができるようになりました。
病院などの医療機関で治療ができるということは、それなりに科学的な根拠に基づいた治療ができるということです。
ですから、治療を受けることによって薄毛を改善させることができるようになったということが言えるでしょう。

ただし、最近多くの医療機関で行われている薄毛治療は、AGAという薄毛のタイプの人が対象となります。
このAGAの特徴としては、比較的若い年代で発症し、最終的には一部の範囲の髪の毛が全く生えてこなくなってしまうという特徴があります。
そして、AGAの原因として考えられているのがDHTと呼ばれるホルモンが関係しているといわれています。
DHTは男性ホルモンが酵素の働きによって変換されて分泌されるものであり、DHTが増えると髪の毛の成長に必要な栄養素を運ばなくなってしまうと考えられています。
そしてこの影響を受けるのは、頭頂部や前頭部の髪の毛の生え際ということになります。
理由はわかっていませんが、なぜか後ろの髪の毛やサイドの髪の毛のはDHTの影響を受けにくいとされています。

このように、DHTはAGAの原因として大きく関係性があるということで、AGA治療を行う場合は、男性ホルモンをDHTに変換している酵素の働きを弱めるための薬を内服するということになります。
DHTの分泌が少なくなれば、これまで髪の毛の成長を抑制していた状態が改善され、結果として薄くなっていた髪の毛にも栄養素が運ばれるようになるということになります。
ただし、薬を服用し始めた頃は、AGAに関係性が深いホルモンの影響を受けている髪の毛が一気に抜けるという初期脱毛がありますから、しっかりと太い髪の毛が生えてくるまでは多少時間がかかると考えられています。