AGA治療早めに始めよう

AGAになる原因はDHTである。男性ホルモンが頭皮に存在するリダクターゼという酸素と結びつきDHTになり男性ホルモンに変化し、AGAになるということである。治療薬を使ってAGA治療をすれば髪がまた生えてきます。

AGA治療始めるなら今!

近年は仕事などの忙しさから乱れた生活習慣を送っていたりストレスの多い生活を送っている方も増えてきて、それに伴い薄毛や抜け毛といった症状に悩んでいる方が多くなっています。

また男性の20代から50代の方で薄毛や抜け毛に悩んでいる方のほとんどはAGAと呼ばれる症状から引き起こされています。ですので薄毛や抜け毛でお悩みの方はAGA治療を始めると改善をする可能性が高いです。

そもそもAGAとはどのような病気なのかを理解しておきましょう。これは男性型脱毛症と呼ばれる病気で日本人男性の3人に1人が悩んでいると言われている病気です。

その症状の特徴としては前頭部か頭頂部、もしくはその両方から薄くなる特徴があり、その原因としては遺伝やストレスがありますが、最も多い原因が男性ホルモンの増加になります。

男性ホルモンの一種であるテストステロンが還元酵素の5αリダクターゼによってDHTに変換をされてしまいます。そしてDHTが毛母細胞を萎縮させて、髪の毛の成長を妨げることが原因になります。

AGA治療では、この男性ホルモンを抑制して毛の成長を促していきますが、これにはプロペシアと呼ばれる薬が有効的になります。

しかしこの薬だけでは駄目な場合もありますので、AGA治療では個人個人の症状や原因に合わせて、様々な治療を行って行きます。

AGA治療は一般の病院とAGA治療専門クリニックの2つがありますが、一般の病院の場合には専門的なノウハウがなく治療例も少ないことから、薄毛や抜け毛の予防や現状維持をすることはできますが、発毛を促すことはできません。

その点AGA治療専門クリニックは医療検査で詳細に調べていき、最新の専門治療法と豊富な実績から最適な治療を一人ひとりに合わせて進めていきます。

このような適切な治療を施せばAGAは非常に高い確率で改善をすることができます。もしもAGAでお悩みの方は、専門のクリニックで診察をしてもらってください。

●AGA治療に有効な薬
フィンカーの優良通販サイト価格比較
プロスカー
●通販で買えるAGA治療薬
ケトコナゾールで抜け毛予防
●高い効果が期待できるAGA治療薬です
ロゲイン